腰痛整体の動画

▷をタッチすると音が流れます。ボリュームを調整しご視聴くださいませ。

腰に痛みがある方を想定して、腰痛整体の紹介動画を撮影しました。

紹介動画のためダイジェスト版ではございますが、当院がどのような意図で腰痛施術をおこなっているのか参考になさってください。

※全ての方、あるいは毎回、動画の流れで施術をする訳ではございません。
はじめてご来院いただいた際におこなうカウンセリング・お体のチェックを基に施術を厳選します。
そうすることによって、短時間で身体に変化をもたらします。


まず、腰痛の原因を探るべく脚をゆらして動きをチェックしています。

モデルの方の場合、膝付近の揺れがよくないことが分かります。

そのことから、左側の膝関節・足関節・股関節・それらの関節に付着する筋肉が原因で腰痛を引き起こしている可能性があると考えています。


つぎに腰まわりの動きをチェックするため、両脚をそろえた状態で、ゆっくりと左右に倒していきます。

左倒しと右倒し。どちらの動きがわるいのか。

脚を倒した時に、どの時点で腰が痛くなるか。

同じく脚を倒した時に、どの時点で骨盤付近が痛くなるか。

モデルの方にお聞きしながら施術工程を考えています。


つぎにお腹を押しているのは、腰の深層筋肉(インナーマッスル)である大腰筋の固さをチェックしています。

動画ではモデルの方に印象(固い・痛い・響くなど)をお聞きし、大腰筋の説明をしています。

脚の付け根を押している目的は、固くなっている大腰筋をゆるめること。

そして脚の動きをよくすることを考えて施術をしています。


つぎにうつ伏せで、骨盤を構成する仙腸関節が固くなっているかどうかをチェックしています。

途中で手の角度を変えて押さえている意図は、角度によって仙腸関節の固さが変わるためです。

念入りにチェックしていきます。

左右の殿筋(おしりの筋肉)を押さえている目的は、左右の筋肉の固さを比較することで、他のチェックポイントと整合性をとるためにおこなっています。

なぜなら腰痛は、からだの前面・後面・右側・左側。立体的に考えて施術を組み立てないといけないからです。


腰の骨のゆがみをチェックし、腰の筋肉をゆるめています。

一通り腰痛施術をおえた後、はじめにおこなった脚をゆらして動きをチェックしています。

施術前と比較をすると、膝付近の揺れが改善していることが分かりました。

しかしながら、まだ万全な状態ではありません。

私の頭の中では、もう一度ふとももの筋肉をゆるめてから膝関節の矯正をおこなうことを考えていました。


さいごにモデルの方に腰痛整体の感想をお聞きしました。

「腰と思っていたけど、遠いところがつながっているというのはビックリしました。」

「さわってもらって、こんなに固いところがあったんだと、はじめて気づいたので来てよかったです。」

とお話ししていただきました。

タイトルとURLをコピーしました