機能性ディスペプシア(慢性胃炎)でお悩みの方へ

こんな体調不良でお困りではありませんか?
  • 慢性的な胃炎である
  • 食べたり飲んだりすると、すぐにゲップがでる
  • 食事をすると、いつもより直ぐにお腹がいっぱいになる
  • 横隔膜付近に違和感がある(触ると固く感じる)
  • 食生活を見直してもお腹の調子が悪い
  • 胸やけのような気持ちの悪さ、胃腸付近の灼熱感
  • 胃カメラやエコーで検査をしても原因が特定されない
  • 過敏性腸症候群や自律神経失調症と診断されたことがある
  • お薬や漢方薬を服用しても全くといっていいほどスッキリしない
  • 体重が落ちてきて心配

毎日、胃の調子を気にしながら過ごすとなると、体も気持ちも辛いと思います。

今ご覧くださっているページが、少しでもあなたの希望につながれば幸いです。

機能性ディスペプシアについて

胃が気持ちわるい
機能性ディスペプシアとは?

機能性ディスペプシア(英語表記:Functional Dyspepsiaの頭文字をとってFDといいます。)は、胃に不快な症状があるのにも関わらず、胃内視鏡カメラなどで異常が見つからない疾患のことをいいます。

ちなみに、ディスペプシアとは「消化不良」を意味するギリシャ語が語源で、消火器系のさまざまな症状に広く使用されてきた言葉です。

この機能性ディスペプシアは、2013年に正式な診断名として認可されました。

背景として、それまでは慢性胃炎・神経性胃炎・ストレス性胃炎などと診断されることが多かったのですが、実際のところ胃に炎症がないケースもあることから機能性ディスペプシアという新しい病気の概念ができあがったのです。

ここからは、機能性ディスペプシアを改善していくために知っていただきたい用語をご説明させていただきます。

胃の働き

主に胃は、食べ物を殺菌し、消化・吸収しやすい状態に整える役割を担っています。

食後の胃 

私たちが食事をする時、胃は蠕動運動(ぜんどううんどう)と呼ばれる働きをしています。

蠕動運動とは、胃が芋虫のように動き食べ物をこねて、かきまわしている。と思ってください。

胃の蠕動運動
胃と自律神経の関係

自律神経とは、普段私たちが眠っている時に無意識で心臓や肺を動かし呼吸を行ってくれているなど、体の機能を24時間体制でコントロールをしてくれる神経のことです。

この自律神経は、交感神経(がんばる神経)と副交感神経(休む神経)で構成されており、どちらかが働けばどちらかは活動を弱めるようになっています。

自律神経
自律神経のバランスをとるイメージ

胃の働きも、自律神経が関係しています。

交感神経(がんばる神経)が働くと、胃を弛緩させたり胃酸の分泌を少なくします。

交感神経は、蠕動運動(ぜんどううんどう)を抑制する働きを担います。

一方、副交感神経(やすむ神経)が働くと、これとはまったく反対に、胃を収縮させたり胃酸の分泌を増やします。

副交感神経は、蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進する働きを担います。

つまり、胃は、休む神経(副交感神経)が働くことによって活動的になります。

交感神経が働くと➡胃を弛緩させる・胃酸の分泌を少なくする・蠕動運動を抑制させる
副交感神経が働くと➡胃を収縮させる・胃酸の分泌を増やす・蠕動運動を促進させる

日ごろ、あなたは次のような対策をされていらっしゃいませんか?

一般的に行われている機能性ディスペプシアへの対策
  • 胃酸の分泌を抑制するお薬
  • 胃の働きをよくするお薬
  • 漢方薬
  • 胃にやさしい食生活、食べる順番に気をつけている
  • 体(お腹)をあたためる

それでも、あなたがこれらの対策でも胃の調子が改善しない。

お薬の治療に限界を感じている。

胃薬

あるいは、お薬の治療に加えて、もう一つ何かを取り入れて胃の調子の改善に努めたい。

そういうお気持ちがございましたら、この先につづく内容をお読みくださいませ。

さかい快福整体堂が考える機能性ディスペプシアの根本的な4つの原因

お腹の痛みを訴える女性

自律神経のバランスが乱れている
② 首こり
③ 精神的ストレス
④ お腹(腸)の冷え

それぞれ、ご説明させていただきます。

機能性ディスペプシアの根本的な原因その①:自律神経のバランスが乱れている(交感神経が優位)

交感神経(がんばる神経)・副交感神経(副交感神経)

なぜ、交感神経が優位になるのか?

自律神経の特性を日常生活に置きかえて説明させていただきます。

交感神経(がんばる神経)が優位な時
副交感神経(やすむ神経)が優位な時

普通に過ごしていても交感神経は優位になる時があります。

それが機能性ディスペプシア特有の症状が表れてしまうほど、交感神経が優位になるケースをご紹介します。

  • 過酷な労働条件、疲れが取れない、睡眠不足、休日は家でゆっくりするなど
  • 一人で何役もこなすマルチタスク、頭をよく使う、気を配る、気が張っているなど
  • 急性ストレス
  • 神経質、心配性、怒りっぽい、不安を感じやすい、白黒ハッキリさせたい性格、緊張癖など

これら全て、自律神経を構成する交感神経(がんばる神経)が優位な状態になり、ある一線を越えると優位どろこか過剰になり、胃の調子が悪くなったり、倦怠感や頭痛など他の症状を併発したりします。

機能性ディスペプシアの根本的な原因その②:首こり

寝違え

「首こりは万病のもと」整体業界ではそういわれています。

なぜ首がこると万病を引き起こすのかというと、首には人間の生命を支える重要な器官がたくさんつまっているからです。

なかでも一番大切なのが神経の束である脊髄神経。

首の筋肉が固くなる(こる)と、神経の束(脊髄)が窮屈になる。そんなイメージです。


神経について具体的に説明をすると、脊髄神経は背骨の空洞(脊柱管)で保護されている脊髄に出入りをする末梢神経のことをいい、体の各部分にはりめぐらされた細かいネットワークを形成しています。

自律神経

胃の蠕動運動に深く関わる自律神経(交感神経と副交感神経で構成)は、この末梢神経に属します。

機能性ディスペプシアの根本的な原因その③:不安や緊張など精神的ストレス

精神的ストレスを感じている女性

精神的ストレスの解消が必要な理由:心と体はつながっているからです。

よくある事例として、登校前や出勤前に不安や緊張を感じると、胃がキリキリと痛む・お腹が痛くなる・吐き気をもよおす・体がだるいなどの体調不良を感じる。

あるいは、苦手な人の顔や嫌な出来事を思いだすと、眉間にシワをよせてしまう・呼吸が早くなる・無意識で腕に力が入るなど。

つまり、感情が体に反映されます。

人は誰しもが精神的ストレスを感じます。そして、そのストレスに耐える容量(ストレス耐性)が人それぞれにあります。

ストレス耐性


しかしながら、自分は今どれくらいストレスが蓄積されているのか?

それは目に見えず把握はむずかしいため、知らず知らずのうちに精神的ストレスをためこんでしまい、体調に影響を及ぼしてしまいます。

それをできるだけ避けていただきたいのです。

精神的ストレスの解消方法
  • ご家族やご友達に話しを聞いてもらう
  • 自分だけのノートに感情を書きだす
  • マインドフルネス
  • 心理カウンセラーに話しを聞いてもらう
  • 海や山など自然の中に身を置く
  • 写経
  • 運動
  • 普段通らない道、見知らぬ街を散策する
  • 早く寝る
  • いつもより隅々までおこなう掃除、断捨離

※お酒を飲む、甘い物を好きなだけ食べるなど飲食系の精神的ストレス解消は、一時的な解消であることと、お口の中に入れるもので体調が左右される視点でおすすめしていません。

機能性ディスペプシアの根本的な原因その④:お腹(腸)の冷え

お腹が冷えている

冷えは万病のもと、腸にまつわる話しを幾つかお伝えさせていただきます。

まず、人間の成長の過程で一番最初にできる臓器は、心臓でもなく脳でもなく腸です。

また、腸は第二の脳とも呼ばれる独自の神経ネットワークを持ち、脳からの指令がなくても独立して活動することができます。

そして、腸には体全体の免疫細胞の約70%も集まっています。

慣用句でいうと、腹を決める・腹が立つ・腹をかかえて笑う・腹の虫がおさまらない・腹落ちする・腹を割って話す・腹黒い・太っ腹など、腹(お腹)に関係する言葉がたくさんあります。

昔の日本は、切腹という独自の習俗がありました。首でも心臓でもなく腸なのです。

ある意味、人間の体で一番肝心な臓器は「腸」といっても過言ではございません。

腸と脳はつながっている|腸脳相関(ちょうのうそうかん)について

腸と脳

腸と脳は、迷走神経(運動神経・感覚神経の一つ)を介してつながっています。

腸から脳への情報伝達
脳から腸への情報伝達

どちらかが一方的ではなく、互いに連絡をとりあって情報交換をしているのです。

誰でも経験があると思いますが、不安や焦りなどストレスを感じると下痢気味になったり、テスト前や会議前など緊張するとトイレに行きたくなるのは、腸脳相関の影響です。

個人的には、図書館や大きな書店で本を選んでいると、お手洗いに行きたくなります。

憶測ですが、静かにしないといけない場所。本を落としてはいけない。咳払いも気を遣う。

ある意味、緊張する空間のため、これも腸脳相関の影響だといえるでしょう。

体にとって冷えは大敵
主婦の友社 健康

世のなかには、体を温める陽性食材や半身浴。冷え性グッズなど、様々な冷え性の対策がございます。

毎年、冷え性に関係する雑誌やTVで特集を組まれたりされていますが、一向に冷え性で困っている方は減りません…需要(ニーズ)があるからグッズや雑誌の企画対象にあがるのです。

「先生、一番おすすめの冷え性対策はなんですか?」と聞かれた時。

迷いなく、物理治療器でお腹(腸)を温める方法がベストだと答えます。

さかい快福整体堂が行う機能性ディスペプシアに対する施術は二つです

ゆったり快適な空間で施術します。気持ちも体も楽になってください。

機能性ディスペプシアに対する整体|一つめは首の筋肉をゆるめて自律神経のバランスを整える

首の筋肉をゆるめる

首の筋肉をゆるめるために、当院は首ではなくて腕や手首・鎖骨下の筋肉にアプローチをしていきます。

なぜ、直接首を揉まないのかといいますと、首の筋肉が固い状態というのは、あくまでも結果だからです。

葉っぱを見て土壌を見ず

観葉植物

たとえば、観葉植物の葉っぱが枯れているとすれば、その枯れてる葉っぱにシュシュと霧吹きで水をかけてもその場しのぎ。

本来なら葉っぱに水をかけつつ土壌に水や肥料を与える方が蘇生する。

つまり、全体を見る視点が大切です。

当院の首の筋肉をゆるめる施術を観葉植物でたとえるなら、土壌(腕や鎖骨下の筋肉)に栄養・水を与える。そんなイメージです。


日々の施術で感じることは、同じ首の筋肉でも、頭(脳)に近い側の首の筋肉。

首こりチェック

頸椎(首の骨のことで合計7個あります)でいうと、第一頸椎・第二頸椎の首の筋肉がガチガチに固くなっていらっしゃる方がほとんどです。

その場合は、前述したような腕や手首、鎖骨下の筋肉にアプローチを施しません。

なぜならガチガチにこり固まっている場合は、その方法ではゆるまないからです。

そこで、次なるアプローチ。

下記画像のように、一見左の首をストレッチしているように見えますが、実は右側の首の筋肉をゆるめる独自の首こり施術をおこないます。

整体師が首をひねって施術している

これまで説明したように、首こりの施術は二通りございます。

そうして、人それぞれの首の状態に合わせた施術をおこなうことで、首の筋肉を徹底的にゆるめることで自律神経のバランスを整えていきます。

機能性ディスペプシアに対する整体|二つめは脳疲労のケア

整体師が首の施術をしている

脳や脊髄の中にある神経へ栄養を送り、脳の老廃物を排出する役割を担う体液(脳脊髄液)を、クラニオセラピーと呼ばれる施術で脳内の疲労物質を流していきます。

脳脊髄液を身近な例でご説明

脳脊髄液の分かりやすいイメージとして、お豆腐屋さんでご説明します。

とうふ屋

商店街やスーパーにあるお豆腐屋さん。きれいなお水の中に豆腐が浸かっています。

その状況で例えてみますね。

豆腐が「脳」で、豆腐が浸かっているきれいなお水が「脳脊髄液」

水が汚れてしまうと豆腐は美味しくないと思います。

それと同じように脳を満たしている脳脊髄液の循環が悪くなると、脳のパフォーマンスが落ちてしまい、体調不良になる…そんなイメージです。


脳が使うエネルギー消費量は、体全体の約20%。

脳だけでもたくさんのエネルギーを使う分、脳にはしっかり休んでほしいですよね。

そこで血液・リンパ液につぐ第3の循環系である脳脊髄液へのアプローチが鍵となるのです。

脳疲労の施術は、下記画像のように軽く頭に触れたり手のひらで頭を包み込むように持ち、脳脊髄液の循環を促進していきます。

脳疲労の施術

人間の約7割は水分。

血液やリンパ液はご存知の方が多いのですが、脳には脳専用の体液「脳脊髄液」で満たされています。

この脳脊髄液の循環促進こそが、機能性ディスペプシアの改善に必要なのです。

動画でご紹介|さかい快福整体堂の自律神経整体

▷をタッチすると音が流れます。ボリュームを調整しご視聴くださいませ。

お腹(腸)の冷え対策について

当院では物理療法の一つ、超短波のエネルギーを利用して深部からお腹を温めています。

物理療法とは、電気や光線、超音波、超短波などの物理的なエネルギーを利用し、治療するものです。

治療の種類としては、電気刺激・温熱療法・超音波・光線療法・牽引療法があります。
 
今ご覧くださっているページで必要な物理療法とは、温熱療法を示します。

冷え性 温熱器具
物理治療器(家庭用超短波治療器 ひまわりSUN2)

体を温める方法|比較表

体を温める方法

超短波は自分の細胞を振動させて熱を生み出すため、体の深部が温まります。

超短波の働き

超短波は体の中でどんな働きをするか

上向きで首こりや脳疲労の施術中に、超短波をお腹にあてて温めていきます。

冷えとり
当院に通われて体調が回復された お客様の生の声、ぜひ参考にしてください!

辛い首の痛みは緩和し、胃痛を起こす頻度も減りました。

自律神経に関する諸症状 アンケート
※個人の感想であり、効果を保証するものではありません

Q1:初回はどういったお悩みでご来院されましたか?

首の痛み、自律神経に関する諸症状

Q2:来院する前に不安な事はありましたか?

特にありません。

Q3:どのようなお体になられたのか、喜びの声を聞かせてください

辛い首の痛みは緩和し、胃痛を起こす頻度も減りました。

Q4:ご回復されたことで何をしている時が楽しい(幸せ)と思われますか?

痛みを忘れて、日常を気分よく過ごせる事。

Q5:あなたが思った当院の良いところを3つ教えてください

・もみ返しのない施術
・リラックスできるお部屋
・清潔感があります

Q6:当院の施術はどんなお悩みやご希望の方におすすめでしょうか?施術を受ける事を検討中の方へ、メッセージをお願いします。

先生は、よくお話を聞いて、施術を検討くださいます。


Y・U様 40代 会社員

2023年3月7日

院長メッセージ

市川 猛

長引く体調不良

原因不明の身体の不調

この先、ずっと今の体調と付き合っていけなくてはいけないのか…

医療費用の負担がのしかかり、プライベートの時間がへっていく

もう…これ以上、痛みや不調を我慢して過ごす日常から卒業しませんか?

自分一人の力では限られてきますが、一人でも多くの方の健康に寄与したい。

そう思っています。

もし、あなたが「ここの整体院、よさそうかも。」と思われましたら、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

※ 当日予約の場合は割引対象外となります。

ご予約はネット予約が便利です
ネット予約
いちかわ
いちかわ

LINEからのご予約も大丈夫です。お気軽にメッセージをくださいませ。

プロフィール
市川 猛(いちかわ たけし)

整体業界21年目。
2013年4月8日 堺市いたわり健康院 さかい快福整体を開院。
これまで1,300名を超える方に整体マンツーマンサポート。

大手自動車メーカーの自動車整備士から整体師になった異色の経歴。
クルマを整える職業から、カラダを整える職業へ。
心地よい整体で、お悩みに合った整体施術を得意とする。

【認定資格】
自律心体法プラクティショナーコース 
パーフェクト整体
心理学ゼミナール基礎コース
ABHベーシックコース
レイキヒーリングセカンドディグリー

\さかい快福整体堂をフォローする /
さかい快福整体堂室内写真

広々リラックス空間

土日も営業

JR津久野駅より徒歩5分

さかい快福整体堂
住所 大阪府堺市西区津久野町1丁14−12 ナカノハウジングビル202
TEL 072-289-5992
営業時間平日10:00~18:00(最終スタート17:30)土日10:00~17:00(最終スタート16:30)
定休日 火・金・祝日
カード決済
スマホ決済 さかい快福整体堂PAYPAYのお支払い